2019年06月08日

パンプス強制はパワハラ

女性のパンプス着用に文句を言うなら、男性のネクタイ着用にも文句を言ってほしい。

Yahooニュースのタイトルは
根本厚労相「パンプス強制、パワハラに当たる場合も」

とやや誤解を招く表現。
本文では

根本氏は「(その指示が)社会通念上、業務上必要かつ相当な範囲を超えているかがポイント。そこでパワハラに当たるかどうかということだ。足をけがした労働者に必要もなく着用を強制する場合などはパワハラに該当しうる」と答弁した。

と書いている。
つまり、パンプス強制を容認しているのです。

ただ、
行き過ぎはダメよ。

と言っているだけ。

「仕事で女性がパンプスをはく風習をなくしたい」との主張は個人の意見としては尊重できるけど、

「TPOに適した服装を守る」ことを重視する主張があることも理解してほしい。そして、それを社風やブランドと考える企業の存在も認めるべきではないでしょうか。

問題は選択肢がないこと。パンプスがイヤならその会社を辞めればいい。履物自由の企業を選べる環境にあれば何も問題は無いのだと思います。

「職場で女性のみにパンプス着用を求めることをハラスメントとして認めることなどを要望していた。」
だったら、男性だけにネクタイの着用を求めることもハラスメントですね。

そもそもの論点がズレている気がします。




posted by フミ at 13:33 | Comment(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。